FC2ブログ

北海道で働く女性獣医師の動物病院経営ブログ

-

週末は腫瘍のセミナー

 先週の土曜と日曜の2日間、東京の麻布大学腫瘍科でレジデントをされている川村先生(女性獣医師)が、北見に腫瘍学のセミナーに来て下さいました。
 土曜日は症例検討会で、各病院で診断や治療に困っていたり、

行き詰まっている腫瘍動物の相談。
このためだけに、釧路からわざわざ来て下さった先生もいました。
 飼い主さんたちの前では絶対に言えない、本音、弱音、ここだけの話が満載で、語るほどに、熱くなる皆さんでした。
 私は、急性リンパ芽球性白血病の犬で、抗癌剤治療があまり効果の出ていない症例を相談しましたが、欲しかった答えが聞けて、これからの治療に期待が持て元気が出ました。

 日曜日はオープンなセミナーで、現場の獣医師の先生たちの他に、帯広畜産大学の学生達も大勢参加していました。
 学生さんたちって見たらすぐ分かるのよね。
お肌ぴちぴち、今どきのずるずるしたファッション(流行りなのか?)。
そして会場が暗くなると寝る(!)。
 今回のセミナーは、ほとんどが実践的な話ばかりだったので、臨床経験のない学生さんたちには面白かったか、チンプンカンプンだったか分かりません。
 旭川から参加していた某院長先生は、来年度の新卒獣医師を募集中なので、学生のなかに就職未定の6年生がいないかどうかチェックしていましたが、残念ながら皆さん決まっていたようで、心底がっかりしておりました。残念!!
 
セミナー終了後はお決まりの、「オホーツクビール園でビール」でした。
美味しいビールを堪能していただいて、その後、女満別空港までお送りしましたが、
 ドライバー(うちの夫)はビールを我慢なのに、未練がましくもノンアルコールビールをちびちび飲んでました。ホント、未練がましいんだから!(笑)

脳みそが熱を持つくらい勉強した2日間でした。
この年になって(年令は秘密だけど)、こんなに勉強する私ってエライ!

オホーツクみやげは、北見の美味しいお菓子、イクラの塩漬け、タラバの太もも(!)、サロマ湖で採れた大きなホタテの貝柱詰め合わせ。
喜んでいただけたら嬉しいのですが。
Category :
該当の記事は見つかりませんでした。