FC2ブログ

北海道で働く女性獣医師の動物病院経営ブログ

0

最終日に

昨日は、美幌動物病院の本年の仕事納めの日でした。
予想通り、午前中は30件近くの患者さんが押し寄せ、1時間待ちの込み具合でしたが、

 午後は割と平和に、トロリトロリと過ぎて行く予定でした・・・
4時過ぎまでは良い感じ(笑)
年末年始に行く、旅行のガイドブックなどを読みふけるほど余裕かましていたんだけど、
そのバチが当たったのか?!
 持病の心臓病が悪化して、肺水腫になってしまい、ゼイゼイ苦しい呼吸で来院したお年寄りのシーズー。血液検査で腎臓の数値も悪化していることが分かり、酸素吸入をしながらの入院となってしまいました。
飼い主さんは、割りと楽観的で
「明日、何時に迎えに行ったらいいですか?」
「この状態では、いつ容体急変して死ぬかも分かりません。明日の退院はお約束できませんよ。」
「えっ!!」
ようやく、ことの重大さに気がついたようで、自分の犬がすでに重体に陥っていることがなかなか理解できなかったようでした。

 そして、もう1匹は2~3日前から食欲なく元気もなくなったという大柄な雑種犬。
エコー検査で、肝臓の後ろ側に影があり、腹水の貯留も認められたため、針をさして吸引したところ、真っ赤な血液がドバッと!!
 お腹の中に何かできて、割れて大出血を起こしているものと思われました。
美幌の診療が終わると、飼い主さんと一緒に北見まで犬を連れていき、緊急の開腹手術となりました。
 出血を止め、肝臓に出来ていた腫瘍かなにか(病理検査しないと何か分からないので)を摘出して、ようやくお腹を縫合して終わったのは夜10時を過ぎていました。アースのスタッフの皆様ありがとうございました。

 美幌から連れていった2頭の犬たちは、朝までに少し元気を取り戻しました。
何とかいい方向に向かって欲しいです。
今年も1年間ありがとうございました。
 アースは、今日が仕事納めです。
Category :
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する