FC2ブログ

北海道で働く女性獣医師の動物病院経営ブログ

1

糖尿病

糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンが不足して、体に糖を取り込むことができなくなり、色んな併発病を起こしてくる怖い病気です。

高脂肪血症
動脈硬化
腎臓病
肝臓病
膵炎
白内障
細菌感染
神経障害
こんなに怖い病気なのですが、ひとつだけ分かっていることは、併発病で亡くなることはあっても、上手にコントロールされた糖尿病で亡くなることは滅多にないんです。

 この20年の間に、何頭の動物の糖尿病の診断をしてきたか覚えてませんが、毎月血糖値の検査に来てもらいながら、18歳~20歳まで生きて寿命を全うする動物が続出で、私自身も内心驚いています。
 現在糖尿病で当院に通院している動物は5件くらいいますが、全員が通院歴2年以上で、12歳以上の高齢動物ばかりです。

糖尿病は、初期治療が最初の山場で、寝ずの番が2~3日続くことがあります。
次が家庭での管理が大きな山です。
食事、運動、インスリン注射。
飼い主さんに頑張ってもらわなくてはなりません。
ですから病気が分かってからも長生きできるのは、飼い主さまの愛情と努力のたまものだと思います。

一緒に頑張りましょう。
Category :
該当の記事は見つかりませんでした。

1 Comments

平川武史 says...""
お久しぶりです!ここ最近意外と多忙でパソコンをいじってませんでした。糖尿病って結構怖い病気ですよね。人間だと失明したり神経が壊れたりするそうです。動物の糖尿病は何が原因なのでしょうか?肥満などは関係あるのでしょうか?「糖尿病を上手にコントロールする」というのは、やはり食事制限なのでしょうか?今回は質問ばかりですいません!
2009.03.14 01:53 | URL | #79D/WHSg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する