FC2ブログ

北海道で働く女性獣医師の動物病院経営ブログ

0

動物病院は普通の中小企業

動物病院は、診療内容が多岐にわたり
時間外に急患が来ることも多く

夜遅くまで激務に追われている
病院さんも少なくはないのが実情です。


しかし、そこで働く人たちにも
当然ですが、家庭があり生活があります。


他の先生から昔々(10年以上前に)聞いたことがあるのですが


親が亡くなり、
「遠方なので葬儀のため1週間ほど休みたい」
と申し出たら
院長に思い切り嫌な顔をされた上、
3日間だけ休みをもらって帰省したが、
もう1日休みが欲しいと電話で伝えたら
激怒され
それが原因でその病院どころか、
結局小動物臨床を辞めてしまった。


という悲しい話を聞いたことがあります。


親の葬儀で嫌な顔をするって
どんな価値観なのかと…


おそらく普通に考えれば
院長先生は
「残念だったね。良いよ休んで行っておいで、こっちは何とかするから。」
と言いたかったかも知れませんが、
押し寄せる患者さんを前に
我を失っていたのかも知れません。
1567820225847.jpg



私は30代~40代のころ
動物病院は特殊なんだから、
長時間勤務や休日当番は当たり前だべ?
休みの話ばかりする人はいらない!」
などと、普通に思っていたし
口にも出していました。


しかし、やがて長時間労働と休みの取れなさに
心身を消耗したあげく職場を去っていく人が現れ
それも、とてもとても大事にして
期待もしていたスタッフさえもが、例外ではありませんでした・・・


また、自分も若くない年齢に差し掛かり
考えを大きく変えざるを得ませんでした。



上記の院長先生は
私であってもおかしくないのだと
思いました。



動物病院は、特殊な職場ではありません。
普通の中小企業です。


普通の中小企業であれば
休みの取り方や、
残業時間削減などで
取れる対策はたくさんあるはず。


休みが取れないという理由で
貴重な人材を失うのは、
その動物病院のみならず、
飼い主さんにとっても、
小動物臨床全体にも大きな損失でもあります。


そう心して
経営をおこなって参ります。

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://earth0633.blog133.fc2.com/tb.php/1451-5885203c