北海道で働く女性獣医師の動物病院経営ブログ

0

コーチングとアドバイス

コーチングの勉強をするようになり、会話の中の相槌が気になるように。


いや
でも
だけど


など、
何の気なしに会話の先頭に挟む人がいます。
まるで枕詞(まくらことば)のように・・・
残念です。


相手を否定しているつもりはなくても、相手を怯ませる威力のある言葉たちです。


私も少なくとも職場では、会話の中に否定語を入れないように注意しています。


そしてまた、難しいのがアドバイス。


色々な提案や意見が出た時に、下手に経験値があるもんだから
「それなら・・・こうしたらいいよ。」
「こんなのやってみたら?」
と、アドバイスしたくなります。


もっとひどいのは
「こうあるべきだよね」

いわゆる外的コントロールと呼ばれるものです。
年齢が上がるほどひどくなる って、納得です(笑)


コーチングの考え方は、「答えは自分の中にある」
問題が持ち上がった時、その解決方法は本人が気づかないだけで、すでに持っているのです。


それを知ってから、
言いたい言葉を何度飲み込んだことか…(ちょ~ストレス!笑)
その代わり
「自分ならどうしたいと思う?」
「どうすれば良いんだろうね?」
という問いかけをするように。


自分で考えた解決方法や目標は、自分の力でやり遂げるものです。
「やらされてる」と思うから出来ないんだな。


子育て中に知っていればな~!(笑)

IMG_8978.jpg

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://earth0633.blog133.fc2.com/tb.php/1228-91215491