北海道で働く女性獣医師の動物病院経営ブログ

0

猫の手採用で失敗

猫の手採用とは
猫の手も借りたいくらい忙しい中で
人を募集して採用するという意味。
何かの経営の本で見かけたので、使ってます。

応募してきた人を片っ端から「猫の手採用」してた頃は、
いっぱい失敗しました(泣)

忙しいので、先輩スタッフには教える余裕がなく
ましてや「何をどう教えていくか」という仕組みもなく
「OJTでやってちょうだい」と、
すぐに現場に放り込んでいました。
(OJTとは、オンザジョブトレーニングの略です)

そして半年も経たずに辞める・・・

現場にはむなしさと疲労感だけが残る・・・

中には頑張って辞めずに働き続けてくれる人もいたのですが、
ある時、
2年たっても大したスキルが身に付いてないことに気付き(衝撃!)
本気のほの字で、スタッフ教育に力を入れることを決心しました。

今では
新人は半年でほぼ全ての業務が出来ます
休みの日の当番も一人で大丈夫です!

猫の手採用はやめ、じっくり人を見極めてやる気のある人を採用しています。
「良い人を採用し、しっかり育てる」
そんな仕組みが出来上がりました!
しみじみ嬉しい(笑)

この3年は誰も辞めてません。
・・・ウソです(!)
たまに育成できずに辞めて行く人います。
それは引いていえば採用の失敗のせい。

採用はとっても大事ですね。



写真は、先週のパピークラスの時のワンショット。
IMG_5257.jpg

該当の記事は見つかりませんでした。