北海道で働く女性獣医師の動物病院経営ブログ

1

交通事故多発!

冬になると、犬の散歩をサボって、放してしまう飼い主さんがいるようで・・・

若い犬だと、おだって走り回り、除雪の雪山の陰から道路に急に飛び出して!
ってことになるし、

年寄犬は、目が見えない、耳聞こえないで、車が近づいたのに気付かずに道路に出て行って!
ってことのようです。

一昨日来たラッキーは、後者です。

折れた大腿骨が、皮膚を破って飛び出してました。

術後の管理は大変だけど、骨を残してつなぐ手術をするか、管理の楽な切断手術をするか…
といった提案をしました。

飼い主様は、迷いに迷い一晩かかって悲しい決断をしました。

「安楽死」

離れて住む家族に「犬の面倒ばかり見れないんだから。」と言われたのだそうです。
一人暮らしのお父様を気遣っての言葉だと思います。

でも私にとっては想定外の選択だったので、びっくりしました(!)

電話での話し合いの末、後ろ足の切断手術をして、犬の命は助けてあげようという決心をしていただきました。

手術が無事終わり、今日は退院。
3日ぶりのご対面に、ラッキーは声を出して大喜び(笑)
飼い主様も、まるで宝物を運ぶように、嬉しそうに大事に抱いてお帰りになりました。

足を1本失ってしまったけど、良かった。
元気になって、またご主人と二人で仲良く暮らして行って欲しいものです。

該当の記事は見つかりませんでした。