北海道で働く女性獣医師の動物病院経営ブログ

0

ちんの壊死!?

ペニスが壊死してしまった症例を、生まれて初めて診察いたしました。

網走のペット病院に診察に来られた、ヨークシャテリアの男の子。
年齢は大人だけど、体重1.4kgのちっちゃな、ちっちゃなヨーキーです。


「2,3日まえから勃起が治まらなくて・・・」
と、飼い主様はおっしゃってましたが、
確かに腫れているけど、なんか違う。


包皮をめくると、ペニス先端から尿道球腺のあたりまで真っ黒(!)
血液の混じる滲出液がどばっと。


先生が不在なので、そのまま北見に転送し、その日のうちに根元から切断する手術を行いました。
ペニスに向かう大きな動脈に、血栓が詰まっていたようです。


写真あるけど・・・あまりにもアレなので・・・


 犬は手術の翌日から元気いっぱいです。
吠えるようになったし、ご飯もりもり。
すぐにでも退院できそうです(良かった~笑)


でも、原因が・・・分からないのです(!)
なんでこんなことになったの???
循環器系や血液系に問題は見当たりませんでした。


「原因見つからないと、またどっかに詰まるんでないかい?」


何年獣医やってても、初めての病気って出会うんですよね~(ガンバラナクテハ!)

該当の記事は見つかりませんでした。