北海道で働く女性獣医師の動物病院経営ブログ

2

眼けん内反症の整復

北海道犬の4か月になる女の子。
「目が変!」

確かに・・・

下まぶたが瞳の内側へ入り込んでしまっていて、
その刺激で涙が止まらないのです。
左目がいつも濡れていて、しょぼしょぼしている。


002_convert_20101124160052.jpg




自然におさまるかどうか、日々のちょっとした眼瞼トレーニングの方法を教えて、1ヶ月くらい様子を見たのですが・・・
たいていこの方法で治る事が多く、めったに手術したことはなかったのですが。

ダメっす。

数年ぶり(もっとかな?!)、整形手術を行いました。



手術直後なので、腫れていて手術の成否がまだ分かりません。
004_convert_20101124160216.jpg


下眼瞼を引っ張り過ぎると「アッカンベー」になってしまうし、
手加減が難しい~
もうちょっとかな~??
ってところで止めるのが本当に難しい。


昔、昔、開業して間もないころ、
よその病院でこの手術を受けて「アッカンベー」になってしまった犬が来院したことがあります。
その時のなんとも言えない空気を思い出します(笑)

「あ~あ、やっちゃったんだね~~~」って!


どうか上手くいってますように(祈)

該当の記事は見つかりませんでした。