北海道で働く女性獣医師の動物病院経営ブログ

0

採用はまるで相場師のように先読みが大事(笑)

来年度の高卒アシスタントの募集をすることになりました


急なんだけど、まだ内定解禁前だし
ぎりぎり間に合いそうです。

本当はアシスタントよりも動物看護師の数が不均衡なので増やしたかったのですが、
現時点で応募がないため、
急遽、アシスタントを補充しておこうとなりました。


今現在人が不足しているわけではないんだけどね。
去年と今年は職員の結婚が続いたため


いつ何時 


できちゃいました!」


と報告が来るか分からず(笑)



そんな時は、いつでもにっこり笑顔で
「おめでとう。良かったね。」
と言いたいしさ。



小さな職場は、人ひとりの増減が全体へ及ぼす影響が大きいので、
採用は先を読んでまるで相場師のように
…(笑)




打ち上げは浴衣で決めた。
DSC_1202.jpg

0

札幌の就職説明会に参加

7月6日に札幌で行われた動物関係の専門学校の就職説明会
管理職の佐藤と、新人動物看護師の加藤が参加してきました。



300名ほどの学生さんが参加し、
アース動物病院へのブースには30名以上の方に立ち寄って頂いたそうです。




事前に十分な準備を整えていったはずですが、やはり現場では急な変更もあり
佐藤も加藤も汗をかきかき頑張ってくれました。




熱心に耳を傾ける学生さんたちの手には、当院オリジナルのパンフレットが
20170706_153913075.jpg

佐藤は2時間しゃべりっぱなしだったそうです。
ブースの人数配置を見ると、札幌の病院が人気とは限らなかったらしい。

学生さんたちへメッセージ!
まずは病院見学してみよう。
自分にあった動物病院を探そうね

20170706_153906866.jpg

0

就職説明会は素直で素朴な学生さんが多数

先月の東京での就活フェストに続き、
今週は酪農学園大学での就職説明会に、初めて参加しました。


主催者側の発表で120人の参加があったそうです。


他の動物病院さんのプレゼン見て、私も勉強になりました。
従業員数多い動物病院ほど施設設備はもちろんのこと、福利厚生や教育など、
従業員満足に非常に力を入れていると感じました

もし私が学生なら、行ってみたいな~!
いやきっと行く!(笑)

などとほざいている場合ではありません。

アース動物病院のブースへは、入れ替わりで7人の学生さんが来てくださいました。
前回の時も思ったのですが、
学生さんの関心は福利厚生が1番で、次にどんな勉強が出来るのか
を知りたがっているように思いました。
時代ですね。
長時間残業で人が死んでますからね~。

そこはもう福利厚生も教育もうちの得意分野(笑)
自慢の仕組みをお話ししました。

うちに見学に来てもらえるととても嬉しいけど、
学生さん達には、今のうちに色んな動物病院を見学して回り、
自分に合った、長く勤められそうな病院に出会うと良いね

ガンバレ若者

1443008593203.jpg

0

今時学生の就活事情・福利厚生

基本給がいくらかはもとより、
残業時間はどうなのか、
時間外手当や通勤手当、住宅手当が充実しているか
休みはどうか、年休は取れるのか、産休や育休はどうか、
社会保険や厚生年金には入っているか、などなど

学生さんたちは福利厚生の情報を知りたがっていました

そこはうちの得意分野(笑)
何年もかけて培ってきた実績があります。

「産休育休は当然取れるし、育児時間取っているドクターもいて、5時45分には帰ってますよ。」
ちょっと?いや、かなり自慢(笑)

何より終業時刻がアースは午後6時45分、美幌は5時半と言うのがどこの病院よりも早い。
なぜそんなことが出来るのか、(秘密の方法)をお伝えしました。

うちに見学に来た学生さんには特別に教えます(笑)




DSC_1089.jpg

0

今時学生の就活事情・成長の可能性


一番めと二番めの関心事は、成長の可能性と福利厚生の充実だと感じました。


「もうそこは任せといて!」っていうくらいうちは頑張って来たから(笑)


入職して約半年で独り立ちできるような研修プログラムがあって、研修担当の先輩が1対1でみっちり指導してくれます。
それはもう熱心に(!)

獣医師は半年で猫の避妊手術と去勢手術位は出来るようになり、
経験2年で帝王切開、4年もすれば胆嚢切除も出来るようになります。
手術の腕が上がるのは、なんといっても手術の症例が年間800以上と多いからです
ローカルの病院ならではのメリットかも知れません。

そして、キャリアプランとして
動物看護師向けには院内ライセンスの仕組みが整い、
モチベーション高く、仕事の幅を広げレベルをあげて行けるというメリットがあります。

獣医師には、東京から毎月一流の講師陣が来院してセミナーをしてくれるという贅沢さ!
(ホームページの院内セミナーのご案内ページをご覧ください)
皆で東京さ行くより、いっそ先生方に来て頂いた方が安上がりだべ!
という裏事情もあります。

動物看護学生さんは、入職後どんな仕事を任せてもらえるのか関心の高い人が多かったです。
看護記録に大きな関心を寄せてきた方もいました。

総じて皆さん、将来について大きな期待と不安を併せ持っていると感じました。
それはどの時代もそうだよね。





先週は30℃超える暑さだったのに、今週は12℃しか上がらず、
エアコンつけて半袖になったり、ヒートテックにカーデイガンを重ねたり…
DSC_0912.jpg

このカテゴリーに該当する記事はありません。