北海道で働く女性獣医師の動物病院経営ブログ

0

受付トレーニング 頑張っています!

中途採用で、2月から勤務している古谷さんの近況を。


3月と4月は受付トレーニングです。


いつも緊張して笑顔が消えてしまうそうですが、


カメラを向けたら、こんな良い笑顔を向けてくれました。


めんこい。


「飼い主さま」を、つい「お客さま」と呼んでしまうのが、今の課題なんだそうです。


前職がホテルのフロントだったそうなので…


ま、そのうち直るでしょう(笑)


受付トレーニングはあと2週間。


2週間後には、美幌から市澤が戻ってきて受付に入る予定です。


頑張れ

IMG_20180324_184334_BURST001_COVER.jpg

0

今年も院内セミナー 石田卓夫先生

写真は5年前の4月。


大学を卒業したてで、美幌動物病院で研修を始めたばかりの古川獣医師と一緒に、
女満別空港に、石田卓夫先生をお迎えに行った時のものです。


今年はもう雪は残っていないけど、この年はまだ雪深かったんですね。


みなさん、5年分若い(笑)
自分も!

DSC_0070.jpg

この時、石田先生は古川獣医師を動物看護師と勘違いしたのでした!(笑)
「若いから間違えた。」
とおっしゃってましたが
…確かに…若い。


今年も4月からレクチャーが始まります。
「LS北見」


今年で丸6年なんですね。
内科は確実にレベルが上がりました……よね?


新しい知識を入れて、還元できるよう頑張ります!

0

美幌での新人研修開始 親子鷹(笑)

新卒の市澤.
今日から美幌動物病院での研修が始まりました。
どうですか? この笑顔。
18歳です。


美幌動物病院では、アシスタントの坂本が指導をおこないます。


娘ちゃんと高校の同級生で同じ部活だったそうで、文字通り親子鷹(笑)
まさか、同じ職場で働くことになるなんてね~~!
 と言ってました。


IMG_20180404_155219.jpg

美幌研修は、1ヵ月の予定です。
無事に予定通り帰れるよう、みんなで全力で支えます。


通りすがりに、書きかけのブログのこの写真を見たスタッフ
なに?このお肌~! 」


おい、見るのはそこかい⁉(笑)


2年前、3年前に入ってきた職員さんたちが、今年は新入社員の指導をおこなっています。
人が育っているのが実感できるようになりました。


人が育てば、仕事の幅を広げていくことが出来ます。


そうすればますますいい仕事が出来るようになり、人が育ちます。


人が育てば、…


良い循環に入っているのであれば、こんなに嬉しいことはないぞ。


0

新人研修 オリエンテーション2日目

身だしなみ
言葉使いと態度
挨拶
などなど…

2日間かけておこなうオリエンテーションです。
講師は先輩スタッフが務めます。


プレゼン用のスライドは、前年使ったものを数週間かけて担当者が改定を重ねました。


これを乗り越えると、本格的にOJTが始まります。


とは言っても、今年は新卒の新人が1名で、
あとは中途採用の人たちなのです。
いつもとは違う雰囲気。
(みなぎる緊張感がない…という意味 笑)

1522751411789.jpg



新人研修のためのオリエンテーションなのですが、実は先輩たちの成長の場でもあります。

人前で話す経験。

教えるためには自信を持って出来るようになっていること。

いろんなハードルを越えてここに立っています

1522751402222.jpg

松田先生やアシスタントさんが、それぞれの事情で辞めていったので、
入れ替わりに良い人達に来てもらって、本当に助かりました。


3~6ヵ月続く研修が終われば、晴れて正社員です。


今年は誰も辞めさせないぞ!(笑)


明日から唯一の新卒の市澤さんの美幌研修が始まります。

0

電話対応は新人教育の大きな柱です

電話は顔が見えないだけに、大きな影響力があります。


挨拶、言葉使い、声のトーン
に加え


何を聞いて、どう伝えるか

がとても大事です。


つまり総合力が試されると言っても過言ではありません。



当院では電話対応を新人教育の大きな柱の一つと考え、
時間と手間ひまとを最大限かけてトレーニングしています。


トレーニングの流れとしては、


まずは電話を受けた時の言葉使い


次に病院情報やワクチンやシャンプーなど、すべての基礎情報をインプットしてから


最後に電話のロールプレイ


ここまで約1か月近くかけてトレーニングして、合格してから初めて電話に出ます。


それでも、たどたどしい受け答えに
中には「イラっ」とする飼い主様もいらっしゃいますが…
隣で聞いている指導係がすかさずフォローに入る体勢で支えていきます。



ここまでするようになった理由は、皆さんお察しの通り、


携帯電話が普及して
家庭で電話の受け答えをしていない世代が社会に出るようになってからの事です。
今から10年以上も前になります。


受話器を取って、名乗らず。
「少しお待ち頂けますか?」という言葉を知らず。



本人も周りも びっくり


それ以来、電話対応は出来ないものという前提で新人教育に組み込んでいます。


おかげさまで、最近は飼い主様から褒められることも多くなり、
スタッフの頑張りの成果だと、心から嬉しく思っています。


美幌動物病院のアシスタント浅沼です。
電話対応ピカイチです(笑)
ぎっちょです。
IMG_20180326_090036_1.jpg

このカテゴリーに該当する記事はありません。