FC2ブログ

北海道で働く女性獣医師の動物病院経営ブログ

0

ハナミズキ満開 コロナに関係なく季節は進む

庭のハナミズキがいつの間にか咲いていて


2本あって、1本は薄ピンク、
DSC_2464.jpg

もう1本は白い花ですが、写真にすると分かりづらいな
DSC_2462.jpg

コロナで人間界が大変なのに、自然は関係なく営みをつづけるのかと


当たり前の事ですが…


先週の金曜日と土曜日は、東京から巡先生が来て循環器外来でした。
なんと2月以来、5ヵ月ぶり。


予約はすぐに埋まり、お断りする人も複数いて
申し訳ありませんでした。


東京は、コロナ感染者が増え続けているようで心配です。
再び異動制限にでもなれば、
来月は循環器外来が出来るかどうかまだ分かりません。


少なくとも、自分の身の周りだけは感染防御を徹底し
感染者を出さぬよう気を付けます。

0

6月最終日です

1年の半分が終わります。


今年の前半は、特に3月以降は新型コロナウィルスのせいで
世の中が大きく変わりました。
今までも悪い方への大きな変化の年はありましたが、
何とか乗り越えてきたので、
今年もきっと乗り越えられると信じています。


動物病院が社会のインフラとして必要な職業だと再認識できたのは良かったです。


しかし、生活が元通りになることはないですね。
コロナ疲れという人もいますが、
疲れている場合ではありません(笑)
この今の生活が当たり前になるのでしょう。


7月からの後半にどのようなことが待っているのか知る由もありませんが、
自分の身の回りからは絶対に感染者を出さぬよう
細心の注意を払って生活することになります。


動物たちと、動物を大切に思う方たちのために
今日も明日からも頑張ります!
DSC_2314.jpg

0

動物看護師のお仕事

動物看護師が育つと、
診察室での準備や片づけのみならず
栄養相談や歯科相談、麻酔管理の助手など
たくさんの業務の仕分けや、
カルテの確認なども出来るようになります。


ここまで
早い人で3年くらいかな。


アース動物病院では、約2年前から
獣医師と看護師がペアで診療をおこなっています。


動物看護師は
時には、獣医師の仕事の割り振りもします。


獣医師を顎で使う…的な?(笑)

あるいは
提案と見せかけた命令…的な?(爆笑!)

IMG_20200528_151228.jpg

少しでも大好きな動物たちのためになるよう
飼い主さんに寄り添いながら、
笑顔で頑張っています。


動物看護師は素敵なお仕事です!

2

氏家看護師のこと

気が付いた飼い主さんもいらっしゃるかも知れませんが、
5月10日から氏家看護師が休職中です。


自分自身の足の手術のために入院していました。


先日退院して、リハビリも順調で
職場復帰のめども立ったので
ここにお知らせいたします。


復帰は7月10日の予定です。
初めは短時間勤務から始め、少しづつ身体を慣らしていき、
9月頃の完全復帰を目指しています。


フロアマネジャーとして手腕を発揮していたベテランの氏家看護師が休職すると、
職場が停滞してしまうのではないかと心配していましたが、
ちゃんと不在中のことを考え、
後輩たちが仕事が出来るようにと割り振りしてくれていました。


ベテランが不在になるとちゃんと下が育つものです。


氏家看護師が戻ってきたら、
みんな成長していてすごい
と思って貰えるように頑張って欲しいです。


一昨日、愛犬連れて診察に来てました。
IMG_2041.jpg

早く戻ってきてね~

0

勤続5年表彰

アース動物病院の動物看護師の中家さんと
美幌動物病院の動物臨床技師の坂本さんは
勤続5年になります。


毎年、周年祝いのパーテイーのときに
5年勤続の人の表彰をおこなって来ましたが
今年はコロナのせいで中止になり、


せめて記念品だけはと、準備をしておりました。


プチダイヤのネックレスです。

IMG_20200530_123658_1.jpg

ダイヤは永遠の輝きと申しますが、
ちゃんとしたところへ着けて行けるものを選びました。


1590112874968.jpg

2人とも
それぞれの病院で、なくてはならない人財に成長しました。


ダイヤモンドのように輝き、生き生きと活躍して貰いたいです。

このカテゴリーに該当する記事はありません。