FC2ブログ

北海道で働く女性獣医師の動物病院経営ブログ

0

バックヤードスタッフが足りない!

今月は面談月です


その中で話される内容は
現場からの切実な意見や希望が多く、


また、結婚や妊娠などの個人的な今後の予定や
近未来の退職の意思が告げられることも多いのです。


今回はなかったけどね(笑)



そんな2か月ごとの面談の中で
何人もの人から指摘されたのが


バックヤードの仕事が追い付いてない
という事


掃除
片付け
洗い物
洗濯

など


診療業務に比べると優先順位は低いが

誰かがやらなければ現場が回らない
仕事の数々



何か、手立てを考えなければなりません。


この犬たちが掃除や洗濯をやってくれたらな~
いやいやその妄想はダメだろう!(笑)
IMG_20190625_101747.jpg

0

診療の充実とセルフレジ 重要な戦略

セルフレジが動き始めて
今日で5日目。


受付の現場が
あたふたと
混乱しているそうな・…


今までは日々準備していたお釣銭を
これからは、どれだけ用意したら良いのかも
分からなくなってしまい


多すぎたり少なすぎたり


万が一、お金が詰まった時の
解決方法も、
いちいち管理職を呼びに行くのでは仕事になりません。


受付に入る全員が、出来るようにならないとな。


すぐに慣れるとは思いつつ
飼い主様にご迷惑をかけないよう
全力で補佐して参ります。



セルフレジ



これも働き方改革の一環で、


受付スタッフが、現金を直接触らないことで、
レジ締め作業の簡略化を目指しています。


その時間やエネルギーを
飼い主様や動物たちへ
より一層、振り向けられると
期待しています。


先生方にも治療に専念してもらい
良い仕事をして貰うためには
周囲を補佐するスタッフの力がとても大事


診療の充実とセルフレジ導入には
一見何も関係ないように思うかも知れませんが、


スタッフの力を集結するという意味では
とても重要な戦略なのです。

0

動物病院業界初 セルフレジ始動しました

アース動物病院に今週


ついにセルフレジ
が入りました。


電子カルテとの連動が心配でしたが、
今のところ大きな誤作動もなく
順調だそうです。


飼い主さんにとっては、
スタッフが直接現金を触ることがなくなるので清潔ですし、
自分のペースでゆっくり支払いが出来るのがメリットです。

DSC_1821.jpg

病院側のメリットは、
スタッフが現金を触らないことで、
お釣りの間違いを防ぎ、明朗会計が出来ることと


数か月かけて、慣れたあかつきには、


受付スタッフの時間の省力化と残業削減ができるのではないかと
皮算用(笑)しています。
これが一番の理由だな。


スタッフも飼い主さんも不慣れな
数か月間は
支払いのたびにびったし寄り添って、
まごつかないようお手伝いいたします。



セルフレジ導入が、動物病院業界で、
アース動物病院が日本初とは申しませんが
それに近い先発であることは間違いありません!



時代を戻ることは出来ません。
私達は進むことを選択しました。


皆様のご理解と、ご協力をお願い申し上げます。

0

クレームは飼い主さんの悲しみの声

昨年から、何かとミスやクレームが続きました。


昨年11月から電子カルテに移行した影響もあり
操作に慣れないスタッフも多く、


必要以上に飼い主様を待たせてしまい
クレームになったことも…


カード支払いの金額の間違い、
試薬や検査キットの在庫切れや
酸素の発注漏れ
薬の処方と実際とが違うなど


通常では考えられない出来事の連続!


スタッフさんたちには、心労をかけました。
心配の余り、本気で進言してくれるスタッフもいて
本当に有難いと思いました。


対策を立てるため、


現在進行形で、
どのようなヒヤリ事象が起きているのか
院内の情報収集を始めています。


これを丁寧におこなうことで、
間違えやすいところ、場所、事実検証
からの対策立てるなど、
次の段階へ向かうことが出来るのです。


逆にヒヤリが集まらないと
やがて大きなクレームが起きることになるのです。


クレームは、飼い主さんの悲しみの声
だと思っています。
悲しみは容易に怒りに変わります。


私達の理念は飼い主さんの笑顔なんです!
笑顔で帰って頂きたいです


現場のスタッフさんたちには
頑張ってヒヤリを探してとお願いしています。


逆説的ですが、
集まれば集まるほど、
私達の病院は良い職場に
なっていきます。


一番集めた人には、
ミスアースの称号を与えたい(笑)
な~んて言ってたら、
即刻却下されたけど…やりたいな…(ひつこい?笑)



庭のブルーベリーが色づき始め 季節は初夏です。
ちゃんと甘い!
IMG_20190625_101837.jpg



0

働き方改革 年次有給休暇

もう一つの大きな課題が


年次有給休暇の取得義務化です。


年間5日以上取得していない人が
事業所内に1人でもいると、


1人につき30万円の罰金が科せられるのだそうです。


罰金って…


うちはずいぶん前から


年休は取り方のルールさえ守ってもらえば
自由にとっても良いことになっているので
あまり心配はしていなかったのですが、


今回のことがあり、スタッフ全員の年休取得状況を調査してみました。


5日以上取得者は半分
4日以下の人が半分
中には0日の人もいました!


あれ?
あれれ?



ヤバいよね!
ヤバいっす❕❕


もっと年休の取得を
厳密に管理する必要性を痛感しました。



今までばらばらだった
年休の基準日を統一化
年末年始と
1月2月の閑散期に集中して
5日間の年休の計画付与をすることに決めました。



幸いにも中小企業には
罰則の適用は来年以降だと聞いたので。


やれることを全てやってみて、
全員が年次有給休暇を5日以上取れるよう進めて行きます。



あ~、危なかった~!




残業時間にしても、
年休所得日数にしても
スタッフさんたちに向けて
きちんと数字を出すことが大事だと思いました。

DSC_0004.jpg

このカテゴリーに該当する記事はありません。