FC2ブログ

北海道で働く女性獣医師の動物病院経営ブログ

0

電子カルテ導入準備 

獣医師になって30年以上。


私が現役でいるうちは、ずっと紙カルテでいくと思っていた。


しかし、時代の流れは
思っていた以上に早かったのです。


紙カルテは今やノスタルジーの世界へ…
電子カルテこそが、未来へ続く一本道。


だって、血液検査もレントゲンもエコーも、
何もかもすべてデジタルな世の中へ、
いつの間にか変わっていたのです!


それと、もう一つの理由は、後継者対策です。
この先もずっと何十年も自分が現役で仕事を続けられたらいいのだけれど
いつか、必ず次の世代に渡さなければならない時が来ます。


その時には、従業員さんの雇用を守らなければならないし、
美幌町の唯一の動物病院を閉院させるわけにはいかない!


そのためには、自ら変わらなければ
などと
ご立派な決意をしたのは良いのですが…(泣)


今日は、電子カルテ導入前の説明会&セミナー


話しを聞いていると、
もう不安しかありません。ホント泣きたい…


気持ちを立て直して、頑張ります。
そう明日には…(泣)
もう引き返せないし…
DSC_1159.jpg


DSC_1161.jpg

0

視察の旅で大阪へ

動物病院の経営セミナーの案内があり、
講師の先生に興味があり
はるばる大阪まで行って参りました。


普段は、田舎町で(美幌の事ね)
地味に診療をしていて
めったに外へ出ることもない
ほぼひきこもり状態の私ですが
やるときゃやります(笑)


大阪は雨が降ってたのですが、傘の準備してなくて
他の先生から
「北海道は、車でドアtoドアだから傘なんて持ってないもんね?(笑)」
と言われてしまい…


確かにそーだわ!(笑)
傘を準備するのは、思考から抜け落ちてましたわ。


田舎者と見られたくないと
気取るから疲れる
のであって


田舎者なんですっみませ~~ん


と開き直ると、別に疲れることもなかったです(笑)


電車や新幹線の乗り換えも、まごまごするのさえ楽しかったわ!


セミナーの内容は、また別の機会に。



写真は、帰途に寄った静岡県の動物病院です。
エキゾチック専門病院だそうで、大変興味深かったです。
DSC_1156.jpg


DSC_1158_HORIZON.jpg

0

動物病院のダイバーシティ

組織の人材の多様性の事を「ダイバーシティ」と言うんだそうです。
そしてダイバーシティこそが組織を強くし、組織が伸びていく原動力となるのです。

日経新聞からの受け売り~(笑)


覚えたてのダイバーシティのことを、美幌の職場で話したら
「???」
「お台場のシティかと思った・・・」

だよね~~(笑)
うちらはまだそんなレベルざんす!


例えば、獣医師は
男女入り混じり、
新卒たたき上げや中途採用が混じり合い、
卒業大学もみ~んな違うとか、


それ以外の職員は、
学歴、職歴様々で、
動物看護師の専門学校を出ている人や、
高卒、大卒、中退、
中途採用組も、前職は様々なのが良いね。


実際にうちは中途採用を増やした結果、そうなりつつあります。


良い所は、前職の経験から新しい価値観を注ぎ込んでもらえる事。
また中途採用の人たちは、世間の風に当たって鍛えられている分
精神力がとても強いと感じます。


同質の人間ばかりで出来た職場は、価値観が偏りがちです。
これからも、新卒も既卒も積極的に受け入れていきたいです。


アースのこの人たちは、全員違う経歴です。
違っているから素晴らしい!(笑)
DSC_1080.jpg

0

7月面談終了

面談では、それぞれの頑張りを報告してもらいました。

上手くいったことも、いかなかったことも忌憚なく、遠慮なく

「そこまで言うか!」

ってこともたまにあります(笑)

でも絶対に話をさえぎって否定したり、拒絶したりしないよう気を付けています。
コーチングね!


やはり、直接話を聞く機会があるからこそ、分かったことも多く、

「面談で直接言おうと思った」と、

胸の内を涙ながらに話してくれる人も・・・


今回もたくさんの改善提案がありました。

有難いことです。

すべて次に生かします。

IMG_20180709_153646_1.jpg

0

賞与査定

6月はボーナス支給の月です。


頑張って成果を出した人には、しっかり報いたいという思いがあり
その評価で頭を悩ませる日々です。


仕事には、目に見える仕事と、目に見えない仕事があり、
数字に出来る部分と、どうしても数字では表せない部分があります。


定量評価(数字)と定性評価(数字以外)のバランスが、とても難しいです。


全員が納得し満足する方法などないかも知れないけど、
なるべく不公平のないようにと考えています。


が、
けっこう苦しい…(笑)


そんな中、東京上野の国立科学博物館に行ってきました。


人体展


入口に入場待ちの列が50mも並んでいて、(数百人?)
田舎者の私は、それだけでめまいがしそうでした。


でもこれ見てると、人は一皮むけば皆同じ・・・?(笑)
日々の悩みがあほらしく思えてくるのでした。

DSC_0954.jpg

このカテゴリーに該当する記事はありません。