FC2ブログ

北海道で働く女性獣医師の動物病院経営ブログ

0

待ち時間対策のため 診察台を1つ増やしました

アース動物病院では診察台を1つ増やしました。


トリミング室の診察台とパソコン(電子カルテ)を、
前室に移動しただけですが(笑)



受付横のデッドスペースを、狭いながら診察コーナーにしました。
                   ⇓ ⇓  
DSC_2305.jpg



DSC_2308_HORIZON.jpg

ここでトリミングの動物の診察をしてからお預かりしたり
ワクチンやフィラリア予防の方を、優先的にお呼びしたり
出来るようになりました。



トリマーさんたちは、別の意味で喜んでいます。


その意味とは?
トリミング室に飼い主さんを入れなくていいので、
掃除は一日の最後だけやれば良くなったから~(笑)



そして3つ目の大事な本音の理由は、
トリミング室は湿気が多く、多量の毛が舞うため
パソコンの故障が頻発し、劣化が早まることを危惧したための対策です。


こういうの 一石三鳥って言うのよね~(笑)

0

時間枠予約を試行していましたが、挫折しました 

昨年の11月に東京での経営セミナーで紹介されていた
時間枠予約の仕組みですが


東京から戻り
美幌のスタッフさんたちに提案したら
「それは良い、面白そう」
とんとん拍子で仕組みが作られ、始まりました。


この4か月あまり
美幌動物病院で試行錯誤しておりまして


外来に余裕のある時なら、まあまあ機能して
「待たずに良かったね」
となるのですが


(こんな田舎の動物病院でも、待ち時間が1時間になる日があって)
本気で忙しい日には、
機能しないどころか、
朝から来て、ずっと待っている人を飛び越えて
後から入ってきた人をお呼びするのは、
とうてい出来ることではありませんでした。


予約していた人にも、待たせてしまっていた人にも
嫌な思いをさせてしまいそうでした。


それで、その日のうちに
スタッフさんたちと、顔付き合わせて
「ダメだね~」
となり
「時間枠予約」の院内掲示を剥がしました。


あっという間でした。


やってみないと分からないことがあります。


だからやってみるんですが、
やってみてダメならまた考えればいい
と思うんですよ。


だから考えます。
アンテナ立てて考えます。


DSC_2302.jpg

アシスタントスタッフ山崎の
制服の色が変わったのに気づいた方はいますか?
動物臨床技師として自律しました。


ちょっとした自慢です(笑)

0

人員配置を整えます

今年のテーマは整える。


改革ではなく、広げるでもなく、ましてや利益増大でもなく
今年のテーマは整える
なのです。


アースの人員が、6年前と比べ
獣医師は変わらず6名ですが、
看護師、アシスタント、受付スタッフ、トリマーなどの正社員スタッフが
8人から16人に倍増しました。
6年で、コツコツと…
さらにパートスタッフは1人から7人に…


ただ単に人が増えたのではなく、
手間ひまかけて丁寧に教育し、仕事の幅を広げ、
自律して働く人が増えたのです。


産休取得し休んでいたスタッフが、戻って来てくれます。
そして去年に続き、今年も中途採用の動物看護師さんが来てくれます。
なんと運に恵まれたことでしょう!



さあ、これからアースの皆さんの快進撃が始まります。
すでにその兆しが始まっているようです。
忙しい日には、たくさんの確認の言葉が飛び交う、賑やかな職場になりました。



DSC_2310.jpg

昨日の新人研修の様子。
熱心な様子に、危うく涙が出そうになりました!
年取ると涙腺緩んじゃってヤバい!(泣)

0

3月面談 爆弾投下あり

3月は面談の月です。


テーマはあるけど、
基本的に何をしゃべっても良いという緩~いルールです。



昨日は7~8人のスタッフと面談しました。



毎年のことではありますが、中には爆弾投下してくる人もいて
(あくまでも比喩です)
「びっくりしたよ!~ありがとう~~」


知らずに被弾していたら、命が縮むところだった(笑)
面談の仕組みがあって良かった!



面談をした人なら分かると思うけど、
私など、その日家にたどり着いたら、ほぼ廃人です。


何も出来ない、考えられない。
ひたすらぼ~~っとしてるだけ。
食事どころかお風呂のスイッチ入れるのさえ出来ない。
いやホント。


人様の話を傾聴し続けるのは、
どれだけエネルギー消耗するのか!と思います。


IMG_20200315_072028.jpg

0

女性が働きやすい職場を目指して 1か月ごとに雇用の変更を認めています

女性が働きやすい職場環境の仕組みの中に、


就業時間によって、
予定残業のある働き方から、パートタイマーまで
5種類の働き方を用意しています


そして自己都合で自由に切り替えられるよう配慮しています。


昨年結婚したアースのスタッフさんが、年明けに妊娠が分かり
それと同時に体調不良になってしまい、
出勤もままならない状況になってしまいました。


おそらく一時的なことだからと、最初は年休を使って休んで乗り切ろうとしてましたが


本人はもともと病欠をしたこともなかったほど至って健康で
初めての妊娠と体調不良で、
不安感でいっぱいになっているのがはたから見て取れました。


そこで、1日3時間勤務のパートタイマーに雇用を切り替えることにして
1~2か月様子見るうちに、みるみる体調が回復し、
今月からは元通りの働き方が出来るようになりました。


本人も喜んでいますが
周りのスタッフも貴重な戦力が完全復帰して喜んでいるし


何より、今回の思わぬ体調不良で色々な人に支えられたことで
飼い主さんたちへの心配り
今まで以上に出来るようになっているのではないかと
密かにほくそ笑んでいる私がいます(笑)


マタニテイーの制服も用意してあるし、
(これは一昨年のね) 写真の看護師さんは4月から戻ってきます(笑)
DSC_1058.jpg

安心して働ける仕組みは本当に大事です。

このカテゴリーに該当する記事はありません。